So-net無料ブログ作成

日刊ニュージーランドライフが書かないこと [日刊ニュージーランドライフ批判]

パリのテロ事件を見ているとプジョー308がたくさん出てくる。しかも警察塗装されたデザインが良い。
長身のフランス人が5人乗れることを考えると、警視庁が採用しているクラウンはデカすぎる。クラウンは5人が快適に居心地良く移動できる設計になっているけれど、警察官に快適性は不要。容疑者移送に居心地の良さは必要ない。いまのクラウンは都市の大きさにも目的にも合っていない。
タクシーもおなじく、クラウンしか移送用車両がないことが理由だけれど、東京の道路幅に合わせると、「アクア」くらいが丁度良い大きさ。一応、5人乗り出し。乗り心地の悪いプリウスとは違う。警察の人件費は莫大なので、適材適所で使わないと、いくら人がいても足らない。
HV車なので寿命が気になるところだけれど、パトカーは12年/30万キロ程度で廃車にするので一般車両で12年/16万キロなら大丈夫。充電池交換も15万円くらい。警察車両だと20万円くらい掛かるとおもうけれど、交換するまで使うとはおもえない。一般車と異なり再販もしない。ランニングコストを考えると充電池を交換しても十分ペイする。
警察車両は治安維持の広告としては絶大な宣伝力を持つので、もう少し上手いデザインと車種を選べば大きな宣伝効果を持つ。宣伝はカネを掛けなくても十分可能なのです。
フランス高速警備隊が採用しているメガーヌのカラーリングは世界中にファンがいて、日本でも類似カラー車種が発売された。トミカからミニカーが発売され、ブランド化している。
これは警察の問題より、トヨタ自動車の問題です。ドラクエのBGMをCM曲に採用するくらいなのでトヨタの柔軟性は高い。日産は上手いことタクシーに採用されたので、頑張れば警察車両へも参入できるかな。ブランド化された警察はまだどこの国にもないので狙い目。世界は一番しか求めていない。

1.JPG


こーいうことをすると、在留邦人が劣化のごとく怒り狂います。自己アピールがウザイとね。
この怒りはほぼ例外なく、精神論を語る邦人男性が発している。大多数の邦人女性は何が怒りの対象か理解できていない。
facebookのプロフィール変更は自己アピールであり、ファッションだから何をどう変えても他人が指摘する内容ではない。それこそ人権侵害です。人の権利については他人ではなく個人で判断すべき。同調したくない人はしなければいいだけ。それが人の権利=人権です。
哀悼の意を表すなら「寄付をしろ」とか的外れな主張こそ、慎むべき発言です。哀悼の意は心の持ち方であり、金銭で出せないから哀悼の意で表すのです。葬式でハカを舞うニュージーランド人に「寄付しろ」って言えるかな。よく考えてみろ。

乱射事件の起きた10・11区は治安のよい場所ではない。不良外国人が多く、貧しい移民が多い。在留邦人が住むような土地です。
現地の人が「用事がなければ行くな」と言う場所。観光客は行くべき場所ではない。何が起きても不思議ではない。移民はどの国でも嫌われ者。移民の国から来た人たちは、日本は移民を入れてはいけないと必ず言います。
nice!(0) 

nice! 0