So-net無料ブログ作成
検索選択

面倒臭い在留邦人 [在留邦人批判]

「今朝も何人か入って行った」と、守衛さんに言われた。影響力ある人は明らかに忙しくなっているのは世界的な傾向である。このご時世、暇だから仕事をする人も、暇だから仕事をしている人もいない。どこも経費削減、一円でも残業代は支払いたくない。労働基準監督署に睨まれると電通になっちゃう。
在留邦人は「ニュージーランド人は仕事中は集中し遊ぶときは遊ぶ」とバカのひとつ覚えを繰り返す。ニュージーランド人で仕事をしっかりする人がいるわけないじゃん。簡単なメール返信すら2ヶ月経ってもしないんだから。在留邦人もニュージーランド人と言うのは止めるべき。在留邦人はニュージーランド人ではないし、ニュージーランド人も在留邦人をニュージーランド人と思っていないのだから。
ニュージーランドには所得控除がないので実質負担は日本より多くなる。「最低自給は日本より多い」と威張って言う在留邦人が多いけれど、交通費は出ない、福利厚生もない、国民保険もないとなれば、最低自給を増やさないと国民は生きていけない。病院へ入れるのは死ぬ直前だけとなれば、健康な人しか生きていけない。在留邦人でNZを絶賛する人は病気をしない人だけ。あれだけ外国暮らしが好きだった大橋巨泉も最後は日本の医療に頼った。大橋はオーストラリア・ニュージーランドの医療を信用しなかった。金持ちしか通えないアメリカの医療も信用しなかった。文句を言いながら最後に頼ったのは日本ってさすが在留邦人って感じです。最高の死に方ですよ。私は在留邦人になれなかったのでニュージーランドを離れて幸せに感じます。

facebookの安否確認通知は日本を軽視しているので止めて欲しい。十一月の地震のときは通知機能がなかったのに。
ベルリンにいない私の安否を他の人が「安全」と送信できてしまう機能は迷惑である。かってに安全確認されると、色々な人から連絡が来てしまい、当人が最も困惑する。本気でfacebookを退会しようか考えている。
二月にベルリンにいても暇なので、いろいろと考え、コペンハーゲンへ行くことにした。ベルリンから一時間で行ける外国である。二月にコペンハーゲンで有事が起きても私は通知を送らない。誰も知り合いのいない場所へ行くのだ。
コペンハーゲンで最後の論文構成を行い提出する。レフリーが付くことになったので学術論文として提出することになった。当初の予定になかったことなので早くから準備を進めて正解である。予備校講師の林修が上手くいかない理由を「準備不足(情報不足)」「慢心」「思い込み」と言っているが、私もその通りだと思う。在留邦人は「思い込み」の激しい人が大部分を占めるので、ほとんどのことが上手くいっていない。上手くいっている人を見ると妬み、足を引っ張るけれど、自分で上手くいかない部分を見つけ出せない。人から指摘を受けると無視する。本当に面倒な連中です。
教養とは「人の心がわかること」「謙虚でいること」。教養の対極にあるものが「慢心」。人の心がわからず、傲慢な態度を取る。在留邦人を見てみよう。人の心がわからず、傲慢な態度を取る人ばかりではないか。無教養を恥じと思わず、勉強をせず、逃げることを自慢している。その人間たちと関わりを持たなくなっただけで幸せです。
nice!(0) 

nice! 0